2008/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
猪突猛進
今日は9時前に起きて、11時にまた寝て、体起こしたのは3時でした。
久々に(2年ぶり・・・?)部屋の掃除をしました。
部屋の空気がクリアになった。。。
こんなに変わるものなんですね~。
これからこまめに掃除します。

夕方、大学のなんやかんやで全く開けなかったパソコンを開きました。
大量に溜まっていたメールの処理と、停滞していた日記の更新をしました。
あと・・・世話できなくて死んでしまったネットペットの解約とか。。。(・ω・;)

久々に家で夕ご飯食べて、時間通りにお風呂入りました。
それから、久々に母とゆっくり話しました。


母は、自分をコントロールできる人間で、
自分のできることとできないことを見極めることのできる人です。
私は猪突猛進型のB型なため、やりたいことを見つけたら、
そればっかりしてしまいます。

大学に入って、これから、
勉強して、バイトして、部活して、楽団に行って・・・。
全部できるのか、と言ったらできないかもしれません。
必ずできない部分が出てくるでしょう。
自分で見切りをつけて、ある程度切り捨てていかなければいけない・・・(._.;)

姉も母と同じで、できることとできないことの見極めができる人なので、
姉は大学で部活をしませんでした。

私みたいなやりたいこと一直線の人間は、
母や姉から見たら愚かなんでしょうね。。。
私からしてみれば、思いっきりしないと損、って思うのですが。

だから、母からはいつまでも情けないコドモとして見られています。
自分のコントロールが出来なくてどこが大人だ、と言われればそれもそうなのですが、
それで、母からコントロールできた生活を押し付けられるのを受け入れるのも、どんなものか。
門限守って、時間通り風呂に入って・・・。
部活か楽団かどっちかにしなさいとも言われました。

普段たいして束縛はされていないのですが、
母が口を出すのは、いつも口を出されたくない部分なため、
とても束縛を受けているように感じてしまいます。
しかも言うことはいつも正しいことなので、なんともいえない。

分相応、ということをいつも言われるのですが、
人生やっていくうえで、何についても分相応に対処しないと、
いつか自分自信が困るときがくる。
母は私に、自分の欲求ばかりでなく、分相応に対処する力を身に付けてほしいんですよね。

今、周りはといえば、
大学になったから、遊ぶだけ遊ぶんだー!という雰囲気。
自分をコントロールして、やりたいこと我慢して、
っていうのが、アホらしくなってくる。
コンパも参加したいし、部活しまくりたい。
そうやって気ままにしている人がいるから、
自分もそうしたくなる。。。

いろいろと説教を受けて、自分はどうするつもりかというと、
勉強とバイトと睡眠だけはしっかりとって、
あとの時間は財布と相談して好きなようにしようかな、と計画してます。
部活も年間15万かかる。楽団も年間10万・・・?

母の言うことは命令じゃなくて忠告だと思うことにしようかなと・・・(最低
親離れしないといけないし。
でも親の言うモラルは身につけなきゃいけないし。
難しいです。
スポンサーサイト


 
初習物理
講義を受けに朝から行ってきました。
単位ももらえない補習授業ですが、
高校の物理全く理解していなかったので、受けることにしました。

ベテランの講師さんで本当に分かりやすい。。
なるほど納得の授業でした。
でも講義というより授業の色が濃いのがうっとうしいっつったらそうですな。。


 
入学後の最後の入学前教育
意味が分からんw
AO入試だったので、何度か入学前教育を受けてたのですが、
日がとれずに入学後にずれこんだ由。

課題をやっていなくて、前日と当日の朝昼に頑張って仕上げました。
英語の授業は苦痛だったorz

TOEIC・・・。800点目指して頑張ります。。。
今は200点くらいやろけど。。。

終わってから、オケ部の見学に行きました。
ドーナッツもらったw美味しかったです。


 
塾研修2日目
数学の授業を2回見学した後、
空き教室で独り寂しくイメージトレーニング。
板書をしまくりました。
ときどき廊下を通る校舎主任が微笑んでくれるのが心の癒しでしたw


 
授業2日目
相変わらずシラバス。
今日は授業終ったら早めに帰って、
本家に内祝いのお返しに行きました。
適当に受け答えして、
帰ってご飯を食べたあと、
大阪まで彼に会いに行きました。
話してる途中に母からメールが来て、
友人と会っていることにしていたのですが、

「そんな非常識な人は絶対に認めない」

とかなんとか。
なんじゃそりゃーです。
夜に家を出るのと、朝から出て夜遅くに帰るのと、
どう違いがあるんだ。
取り立てて文句を言われる筋合いないでしょ。
そりゃー心配かもしらんけどさ。


 
今日から授業
初めての授業はシラバスばっかりで、
朝遅刻ギリギリだったのですが、全然余裕でした。
あっちゃこっちゃと4コマ分受講したあと、
塾のバイトの研修に向かいました。

企業理念について指導を受け、それから授業の見学。
ホワイトボードに字を書く練習。
腕が疲れました^^;


 
学科オリエンテーション
学部で集まって説明を聞いた後、
学科で別れて、別々の校舎に移動しました。
楽器持ってったのに、傘を忘れたので難儀しました^^;

広い講堂で学科の先生方の自己紹介を受け、
自治会などの説明を聞いたら解散。

色々停滞していた手続きを済ますために校内をうろうろした後、
自治会の新歓パーティに参加し、
オケ部の見学に行ってきました。

先輩の方々に可愛がって貰いつつ楽器の練習。
定期を購入するために7時ごろに帰りました。

定期の購入って8時までなんですね。
地下鉄の購入で待たされて、近鉄の方が買えませんでした。
実費で帰ります。財布に痛いorz


 
崖っぷちに立たされたとき
私の好きな歌で、
坂本真綾さんの「ヘミソフィア」という曲があります。

メロディーも気に入ってるのですが、何より歌詞が心に残る。



それでもいったいこの僕に何が出来るって言うんだ
窮屈な箱庭の現実を変えるために何が出来るの

人生の半分も僕はまだ生きてない
逆らって 抱き合って
無意識に刻まれていく経験のタトゥー

崖っぷちに立たされた時
苦難が僕の腕を掴み
自分自身の在りかが初めて見えたんだ
もっと広いフィールドへもっと深い大きな何処かへ
予測もつかない世界へ向かって行くだけ

(中略)

遠い昔 何処から来たの
遠い未来に何処へ行くの
知らないまま投げ出され 気づく前に時は終わるの
始まりの荒野を独り もう歩き続けてるらしい
僕は灰になるまで僕で在り続けたい

(中略)

僕は僕のことが知りたい




先日、私の母校の中学の教諭が逮捕されました。
彼を恩師と仰ぐ、わたし達生徒はただただ驚くばかりです。

生徒と心を通わすことのできる、すばらしい先生だった。
元気で一本気で、まさかあんなことをしてしまう方では決してなかった。

何が先生を変えてしまったのだろう。


先生のことは極端ですが、
人は、知らず知らずの内に堕落していくものなんですね。

考えることをやめ、あがくことをやめ、楽なほうへ、楽なほうへ。
それで、生きていける、通用してしまうから、堕落していることに気づかない。

思えば、私も高校の頃は某H大を目指し、
勉強、部活、バイトの三本拍子を心の中で繰り返しながら、
一瞬先の自分が、一瞬前の自分より少しでも輝いているよう、努力していました。

それがいつの間にか、考えることをやめ、勉強に手がつかなくなり、
当初の志を大きく下回る進路に進むことになりました。


どれだけいい素材を持っていても、
磨くことを忘れ、ほおって置くと、ただのポンコツになる。

私の隣人、K氏は優れた才能を持っていたにも関わらず、
結局やりたいことが見つからないまま青春時代を終え、
家業を継ぐ、という、何の努力も必要としない人生を選んだ。

生きていけることには変わりはないけど、
その人の人生に何の輝きも感じない。


逆に、30代中頃までヤクザの妻だった女性が、
死に物狂いの努力をして、弁護士になった話も聞きます。

そんな人は、やっぱり、かっこいいと思う。


人は何処から堕落して、どうしたら踏ん張って自分を磨く道に戻れるのか。

恩師の逮捕の事件を受けて、しみじみと考え、
自分を見つめ直していると、「ヘミソフィア」の歌詞が蘇ってきました。

こんな「僕」に、何ができる。
情けないこの現実を変えるにはどうしたらいい。
考えることをやめ、逃げ出した先、
「僕」は、それでは済まされない「崖」に出会う。
そこで苦しみながらも向き合わなければいけない「自分」の実態を見つめ、
がむしゃらにでも、もっと大きな世界に進まなければいけないと、決心をする。


遠い昔 何処から来たの
遠い未来に何処へ行くの
知らないまま投げ出され 気づく前に時は終わるの
始まりの荒野を独り もう歩き続けてるらしい
僕は灰になるまで僕で在り続けたい

情けない「今」の自分を造ってきた過去。
そしてそれに気づいた自分の「これから」。
考えないまま、考えるのをやめたまま、このまま何もない人生を歩み続けるのか
自己を否定したい衝動にかられ、自分から逃げ出したい。
それでも、逃げられない自分がいる、確かに「今の自分」も「僕」なんだと。

歌の最後は、『僕は僕のことが知りたい』で締めくくられます。
結局、結論を出すことなく、自分探しをするしかないと。
それでも、漠然とした自分の理想を追い求めるために、
あがいてやる、という意思を感じさせられます。


漠然と、自分から逃げ続けている私も、
6日からは大学生です。
もう逃げられない。
自分と向き合って、考えて、あがいて、
一瞬前より輝ける私になりたい。

考えさせられる1日でした。


 
寝溜めの日。
のだめの日。。
肥溜めの日。

お昼1時までしっかり寝て、
昼ごはん(+朝ごはん)しっかり食べて、
昼寝がっつりして、

あんまり静かだったからか、
あたしが家にいることに母が気づかなくて、
夕ご飯に呼んでもらえませんでした。
せっかく家にいたのに冷めたご飯を食べる憂鬱。



中学時代お世話になった教師が捕まりました。
驚きで言葉が出ないです。
わたし達にとって、先生はどこまでも先生であり、
こんなことになってすごく切ないです。
先生、なにがあったの。。



今日はこの後宿題をして、明日の準備をして(カバン借りるの忘れた)、
目覚ましかけよう。

ちょこっと溜息。


 
昼からデート
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


 
大学オリテン
今日は大学のオリエンテーションがありました。

朝っぱらから軽い悪夢。

何時から始まるかチェックせずに寝たもので、
朝起きたら8時で、オリテンが10時に始まる間に合えへんやんっていうよくある悪夢でした。

それで目が覚めて、時計を見たら5時30分。
開会時間を調べ、電車の時間を調べ、時間があることを確認して、二度寝しました。


学科の男女の人数日は、ある程度覚悟はしてたのですが、
女9人、男40数人。
すごいなんというか。
必然的に女子がかたまっちゃうのは習性やろな(笑)
磁石に引き寄せられる砂鉄のごとく、1ヶ所に女子が固まる。
まるでガゼルの群れのようです。

男子、芋ころがしばっかかな、と思ってたのですが、
数人垢抜けた人もいました。
チュヒくん(私の中の勝手な呼び名)、入試の時と雰囲気変わってすごいかっこよくなってました。
K君もちょっとばかり大人になってました。
うーん、やっぱり高校と大学の間が変わり目か。


大学の行事だってのに、KYなことに楽器を持って行っちゃう私。

オリテンが終ったら、うろうろして、
最終的には部活の見学まで行っちゃいました。

新世界が聞こえてきたので、オケ部から見学。

その後吹奏楽部も覗いてきました。

マリ先輩元気そうでした。
ァコが部活入るなら吹奏楽部も面白そうだけど、
入らないならオケに行こうかな、という思いがますます強まりました。

まぁ決めるのは5月ごろにしようかな、と思います。
それまでバイトと授業をこなすのに専念して、ちょくちょく見学行ってみて、
自分の体がもちそうと思ったら入ろう。
毎日吹くなら森之宮でもいけるんだし。
まぁ・・・合奏能力つけるにはどっちか入ったほうがいいんやろけど。

ちなみに、軽音とか、フュージョン系の部活、サークルは興味なしです。
私にそんなのできる訳がない(笑)
センスいるし、そんなの吹けるほど上手くないし。
適当吹きの中に混じって適当な音楽したくない。

そうなるなら、バドミントンか水泳か陸上かバレーか、
あとはまん研とかそういうのの方かな・・・。

続きはのろけっぽい日記

続きを読む



 
ニート最終日
たった二日で怠け癖がしっかり定着。
元来怠け症やからね・・・(苦笑)

朝、ビデオのデータをパソコンに移し、
昼にデッキとビデオカセットをクロネコさんで返送する手続きをしにいきました。

クロネコさん、意外と高い。
送料しっかり1500円かかりました。
もちろん実費負担。
遅くなったあたしが悪い。
自業自得・・・!・・・orz

先生から音沙汰がないのは無言の怒りでしょうか。
仕方ないことです。
壊滅的に最低な人間だ。


 
ニート1日目
高校の学生証も昨日で効力を失い、
大学の学生証は未発行。

学生でもないし、納税もしてないし、バイトもしてない。

・・・ん!?これはいわゆるニートというやつではないですか?!

とかなんとか言って、新鮮な身分に喜んでいたら。

大学行くとか、そういうのが決まってる人はニートって言わないんですね^^;
はしゃぎ損でした。



今日は寒かったです。
昨日も冷えましたが、今日もかなり寒いです。
さくらが咲き出す頃にもっかい寒くなる、というのは毎年当たり前のようです。
三寒四温か!?とか言ってたらまた違う、とバカにされました。

寒いし眠いし、起きる気力がなくて、
お昼の1時まで寝てました。
ダメ人間再来。



今晩はS華会館で練習させて頂きました。
行く1時間ほど前に夕食を済ませていたはずなのですが、
息を吸って、止めて、吐くってしていると、
胃が圧迫されてすごく苦しい。
おまけに中身が食道までせりあがってくる始末。

なんとか耐えてロングトーンを1セットしはしたのですが、きつくて、
外の空気でも吸って休もうと思って、
会館を抜け出して30分くらい休憩してました。

外で皆さんの音を聞いていると、
誰がどの音か分かって、また新鮮でした。
人それぞれ、やっぱり音色や吹き方が違うんですね。(今更


胃もたれ、ニキビ、寝不足、楽器の練習の天敵です。
体調管理も大切ですね。

あと・・・スケジュール管理等実務面もしっかりしないとです。
パーリーさんはこういうB型なミスには慣れてるそうで笑って許して下さいましたが、
こんなこと繰り返してるようじゃ信用できない人になってしまう。。。
適当にしていいところと、ちゃんとせなあかんところ、しっかりけじめつけな・・・(._.;)


 
エイプリルフール
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。