2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
あけましておめでとう
いや~とうとうあけちゃいましたね。
明けちゃうと大変味気ない。
味気なさがつまらなくて、朝はぶーたれてました。

でも家族で初詣行くってなると、妙に気分が浮ついて、
浮き足たって童心に戻ったように姉と母に腕を絡め、神社の砂利道の出店を散策。

帰りにはたこ焼きを2パックも買って、家でのほほんとしてました。

でも母上は頭痛がするんだって。
元日には必ずなるっていう。
本来は気遣って手伝いをするべきなんだろうけど、
ずるいあたしは面倒だったので、気づかないふりをしてごろごろ。
なんて酷い娘なんだ・・・orz

年賀状思ったより来ました。
嬉しい嬉しい♪


夜に、たけしの古代文明の謎を見てました。

モアイのとこは楽しかったけど、マヤの段になって背筋が凍った。

マヤの伝説によると、2012年12月22日に世界は滅ぶんだって。
それが、世界中のあらゆる古代文明の終末伝説と時期が一致している。
この世界は、地震によって滅ぶのだと。

何の根拠があって・・・という部分はあまり深く語られなかったけど、
地震についていえば、日本はリアルに終末を迎える要因となるだろうな・・・。
東海南海大地震が起これば、大阪も東京も壊滅する。
そうなれば、日本という国は立ち行かなくなる。
一体どうなるのか・・・?それは政府が阿呆でなければ対策は練っているだろうけど。

あと、4年か!
なんか、近すぎるよ・・・正月早々縁起が悪い。

文明の消滅にはやっぱり悲劇がつきもの。
イースター島の資源の枯渇に伴い、島は戦乱に呑まれた。
マヤは他部族から捕らえた生贄の心臓をえぐって太陽にささげた。
今でこそ第3者の目から見てなんてことを、とか恐ろしい、とか言えるけど、
この時代マヤの他部族として生きてたら、とか考えると怖気がする。

魂ってものがあるとしても、記憶とかそんな肉体に付随するものは払拭されてる。
でも、魂の生まれ変わりがあるとしたら、
あたしの魂ってものも、たくさんの肉体の間を渡ってきたのかもな、って思う。
時としてそれは人間で、恐ろしい死に方をしたかもしれない。
時としてそれは虫で、短くとも充実した生涯を終えたのかもしれない。

死ぬのが怖い。
地震がおきたら95%以上の確率であたしは死にます。
口では簡単に言うけど、
実際例えば2012年に大地震が起こりますとか正確に予言されたら、
その日には飛行機に乗ってでも逃げておきたいと思う。
財産もなにもかもなくして、一文無しでその時ひとおもいに死んだほうが楽だったとしても、
その瞬間、もう少しでいいから長く生きたいと思う。

これは人間としてのあたしの望みだろうか、それとも魂の望みだろうか。
遺伝子を残すことが肉体の役目なら、肉体を生かすことが魂の役目。
たくさんの肉体を渡ってきて、これからもたくさんの肉体を渡っていくのに、
ひとつの肉体にひとたび宿れば、ギリギリまで生かそうとしてくれる。

なんだろう、生命の神秘だな。
あたしはどっちかってーと理系だけど、今日は夢チックに魂についてふらふら考えてみた。
結論とかないマジでよくわかなんない徒然考えだけどねw
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。