2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
なんで楽器してるんだろ
今日は朝からバイトで、夕方はKCの方々と練習をさせていただきました。

シュガーさんの車でマミーさん、おじょうMとS会館へ。

ついてすぐは茶話会が始まる様子だったので、
楽器は出したもののなんとなく吹けずにマウスピースに息を入れていました。

マッピでバズィングする私の口の使い方をシュガーさんが見咎めて、
おかしいんじゃないの、と何気なく指摘されました。
言われたことは確かにそのとおりです。。。
マッピを口に当てて、いざ吹くとなったら口に変な力が入って動く。
口の形を作ったら、そのまま吹けばいいんですね。


軽く音だしをした後、ヘンリーさんにソロのフレーズを教えていただきました。

息がぜんぜん足りない。
自分の見込みなさが情けなくて情けなくてしょうがなかったです。

こんなんでソロしたくない。

息の吸い方、出し方、ほんまはぜんぜん分からないんです。
で、最近こうかな?って思った息の出し方で吹こうとするんですが、てんでダメ。

なんでできひんの?って表情のヘンリーさんにもう目を合わすこともできませんでした。
あたしだって分かれへんのです。
才能ないんです。
言いそうになったのをぐっとこらえました。

アンブシュアを変えてる途中なこととか、相談してめそめそなきました。
今思うと情けない。


見かねてファイターさんが、息の出し方を教えてくださいました。

おなかいっぱいに息を吸って、膨らませたまま息を出す。
Fの音でいいから息だけで音をしっかり出す。

その息の出し方でクレシェンドして、保ってからデクレッシェンドする練習もする。

そのめいいっぱい息を入れた状態を最初から出す。

息だけではっきり頭を出せるようになったら、舌をつける。

タンギングの練習のポイントは、出したい音の結果をイメージするんではなく、
外からみて口が動いてないように、舌を動かし、出したままの息を切ることから始める。

できるようになってきたら、ベルト音をイメージしながら、音階練習もする。


おっしゃったことは今まで多くの方々がいわはったことと結果は一緒でした。
でも普通の奏者は直感的につかめることで、感覚的なことだからこうは教えてもらえませんでした。
自分がいかに才能ないか、激しく思い知らされました。
同時になんとなく、ファイターさんは天才と言われるけれど、
そうやって自分で吹き方を研究してこられた方なのかもしれないと思いました。

息の使い方、アンブシュア、音楽のセンス、楽器の扱い・・・
全て、ぜんぜん、才能のカケラもない。
あるのは楽器への愛と努力だけって感じです。

高校吹奏楽で吹いていると、3年目で私から見ても全然な子も多く、うぬぼれがちになるけれど。
こうまで才能なかったんだなぁ・・・と思うと、
どうして私はトロンボーン今までやってきたんだろう。ってしみじみ思います。
音楽の才能もないのに、なんで今まで音楽したいって思ったんだろう。
答えは好きだから、に尽きるんだろうな。。。
隣で雑音吹いてしまってKCの先達の方々にはほんまに申し訳ないんですが、
KCで吹いてるとすごく楽しい。
もっともっとうまくなったらもっと楽しいだろうな。
悔しさをバネに、楽器への愛を原動力に練習明日も頑張りますです。



ところであたしは経験年数何年なんですか。
小学校の経験も貴重やったけど、プッピー吹いてただけで、
全然吹いてるに入らないメチャ吹きやった3年間に、空白の中学3年間。
高校から始めた、に等しいけど、そういうと小学校の頃の自分がかわいそうになる。
6年目・・・?か。
始めたときから数えたら9年目になる??
あんま長う吹いとんのにこんな下手糞・・・って惨めになるから、
経験年数は鯖を読みたくなる今日この頃。


スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。