2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
さくら祭り
今日は地元のさくら祭りのコンサートに某一般バンドとして行ってきました。

ソロがある。
ほんとにほんとにどうしよう・・・並みの実力しかない割に、今日は結構落ち着いてました。

はじめのBを落とした時にはどうしようと思いましたが、
トランペットのオブリガートだ!と思ったら、肩の力が抜けて、
わりかしリラックスして吹けました。
これが、今の自分の実力で、それはどうしようもないんだから、この音楽を楽しもうと思いました。

でも、夕方の練習で、ボントロビーノさんに「よう鳴っとったやん」って声を頂いたときには、
自分の耳を疑いました。
今でも本当にそんなことおっしゃってくださったのか自信ないです。
ひょっとすると空耳だったのかも・・・。空耳のような気がしてきました^^;
夕食の席でヘンリーさんに「特訓の成果でとったな」って言って頂けたのも嬉しかったです。
少しは成長できた、ということでしょうか。

来週も本番あります。
また一週間、しっかりロングトーンして、
お腹の使い方少しでも上手くなるように頑張ります。

アンブシュアの悩みも少し解決してきました。
シュガーさんのご指摘で気づいたのですが、
口の形を作るまではいいけど、いざ吹くときになったら力んで唇を横に引いてしまってたようです。
その動きで余計に音の出だしが汚かったのかもしれません。
ウチムラさんに教えて頂いたアンブシュアは既に浸透気味で、
今から元に戻そうというのも大変なので、
お腹を使いこなせるようになるまではこのままで行きます。
お腹に力を入れて、そのまま息を出す、という練習をしていると、
口に妙な力が入らないことに気がつきました。
それについても少し意識するようになったので、
以前よりは、吹くときに口が動いてない・・・と思います。

楽器吹くのにいちいち考えすぎというのもいろいろとまずい気がしますが、
考えるポイントをまとめると、
・たくさん吸う
・おなかで支える
・のどを開く
・口を作って力を抜く
・音をイメージする
・そのまま吹く
・・・・・・・・・・単純で少ないと思っていたら意外と多い。
天性でそこまで考えずとも音が出せる人はすごいです。
私は一つも無意識に出来ないという無才な人間なので、
無意識にできるようになるまで地道に練習することにします。



夕飯もバンドの皆さんのご相伴に預かりました♪
恐れ多いことにマミーさんに奢っていただきました。
バンドのスーパースターになんてことを;;;
サラダバー満喫させて頂きました。
今日のソプラノサックスの音色もすごく美味しかったです(
ごちそうさまでした。。(((ぇ


明日は今のバイト最終日。
朝頑張って起きないと;;;
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

天性とか、才能とかのせいにするのはただの言い訳だと思うよ^^
筋肉のつきやすい体質とか、唇の厚さ、歯並び、顎の形、舌の長さなどの先天的なものが才能であり、
あなたが悩んでいる「たくさん吸う、お腹で支えるetc...」は、ただの注意不足なだけではないでしょうか?
意識すればいいだけで、
慣れれば誰だって無意識にできる。
スポーツだってそうでしょ??運動神経が関係するかもしれませんが、あなたが悩んでいるのは、基礎の基礎!
管楽器奏者なら、楽器を手にしたときから、指導してくれる人から、口を酸っぱくして言われているはずです。
まぁ、まだ10年もしてないようですし、才能のせいにせず、
気長に努力しましょう。


コメントありがとうございます
楽器を始めたときに指導者がいなかったので、かなり悪い癖がついてしまっている現状です。
腹筋そのものがまだまだ足りない、というのが息をしっかり使えない原因のようです。

才能というものはやはりありますよ。
しろ、と言われずとも身に付けておられる方は、
なぜそれができないか理解できないそうです。
ま、そんなことを言う前に努力・・・ですけれども。

奨励ありがとうございました。
頑張ります(´▽`)ヽ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。