2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
とりとめもなく
困ったことに気持ちがぐちゃぐちゃで収拾がつきませんので、思ったことを全部言葉にしてみようと思います。

受け止めきれない現実が垣間見えてすこし混乱しているだけかもしれません。

最近私に起きたことなんて非常に些細なことで、とりたてて騒ぐようなことでもないんですが。

まず、巷で噂の『永遠のゼロ』を読みました。
それから、先週火曜から、彼のお宅に毎日上がり込んでしまっています。
最後に昨日、秒速5センチメートルなる作品を30分過ぎたところで、見ていられず、逃げ出してしまいました。


『永遠のゼロ』は私には少し難解でした。

やはり命を大切にし、何度も特攻の命に逆らった主人公の祖父がなぜ最後に特攻の命を受け入れたのかが分かりません。

これが理解できなかった為か、主人公の祖母が祖父の霊?によって何度か助けられたという話が急に安く感じられ、読み終わりは何とも言えませんでした。

読み終わって残ったのは疑問符ばかりです。
登場人物や、戦争の時代に生きた人々はいったい本当はどういう心情だったのか。
いくら聞いても自分には理解し難いことなのだろうと知りつつも、ついついそちらに考えがいってしまいます。

そこでただ無性に自分の祖父母がどうしているか気になって、読み終わって普段しない電話をしてしまいました。

まさか戦争についての小説を読んで声が聞きたくなったのだ、とは言えず、ただ世間話をしただけですが、理解し難いと感じさせられた戦争の世代である祖父母が孫の声を聞いてただ喜んでくれたことで、少し落ち着きました。

ところでその電話で、十五で嫁に行く世代の祖母から、早く嫁に行けと言われたのですよね。
それが第二の混乱に繋がる訳ですが。

本音でいうと、ただ一人の相手をしあわせにする責任を負うことは、自分の時間がどれほど充実し、幸せになるのでしょうか。憧れます。

それ(結婚)と同居と、このところ私がしている半同棲がどういう関係にあるのか、分からず、不安です。

お恥ずかしい話、彼との時間は本当に幸せで、ずっと続けばよいと思います。
だから一緒にいられる時間を延ばしたい延ばしたいと、彼のいる場所に入り浸る毎日。

結局、母の外的コントロールにより、結婚しないのに同棲することにストレスを感じさせられているだけなのでしょうか。
彼を信じて、一生いられるなら彼にしてあげたいことを、今し続けていればいい、、のでしょうか。

こればかりは答えがなく、誰に何を言われたら気持ちが落ち着くのやら、見当がつきません。


こんなことを考えているといつも心に引っ掛かるのは、2、3年前のトラウマのようなものです。

昨日秒速5センチメートルを途中から直視できなくなったのは多分にそれが原因でしょう。

八方美人な主人公と、想いを寄せる複数人の少女の姿に過去の自分を重ね、憎しみを強く感じ、苦しくなりました。

それにしても、ちょっと弱すぎやしないか。
まだそんなに、何を気にしているのか。

今隣にいる人が、ずっと自分を(パートナーとして)ただ一人大事にしてくれるかは、自分次第な訳で、不安に負けて辛い想像ばかりしていると、本当にそうなってしまうでしょう。

そう思いきれない理由は、彼も私も何度か気持ちを移り代わらせて、今に至っているから。

『手放しに信じ、努力するのは盲信的で、無駄ではないか。』

ネガティブで、臆病な部分がそう言う。

『ずっと好き。何年か後、出会ったらきっとまた好きになる。』

昔、泣きながらそう言った言葉を自分で否定できなくて、なのに、今の彼に永遠を誓いたいと思っている。

自分のことが信じられないということ。

ただもう子供じゃないから、そんな自分の状態をどうすれば解決できるのかも、もう知っているはず。

自分のことが信用できなくても、情報を集め最善と思う選択をして、選択したことに責任をもち、実現の為の行動をするしかない。


なんて、とりとめない長文となってしまいましたが。
人間、悩んで思考停止するより、やりたいことを決めて、できることを増やしてくしかないのです。きっと。

幾ばくかの不安も、行動しているうちに消えていきます。
不安は動かないから湧いてくるんです。

今日も一生懸命、ご飯つくろうっと!
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。