2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
はー
チームリーダーに、「やること(Oの作業)やってからKの作業して」って言われた。

怒られた訳じゃないんだけど、ショックだった。


やること、やってるよ!!!ひどい誤解だ!!!それじゃまるで、私がやることしない人みたいじゃない。。。

って思ったから。


月曜日時点で、
Kの作業が3MD(〆金曜)ちかく、
Oの作業が3MDちかく(〆火曜)ありました。

Oの作業は間に合わないし、Kだって放置してられないので、Oの作業を一部引き取ってもらった。

で、

Kの作業3MD(〆金曜)
Oの作業2MD(〆水曜)

に調整した。


それでやってたんです。
さらに残業1MDして、Oの作業を増やしたりもしました。


Kの作業は、難易度が高くて、不安要素が多かったから、できるだけ先にやってしまいたかった。


そんなこんなで今日。


Kの作業はいいから、Oの作業をしなさいと言われたわけです。

Oのほうがやばいから。


もともと、リーダーにとって、Kの作業は1MDくらいの想定だったんです。

だから、私が3MDも割こうとしているのは想定外だったでしょう。
ちゃんと言わなかった私も悪い。
転職したばかりだから、そのギャップは仕方ない、残業するしかない、と思っていた。
(今思えばそれはそれで微妙だけど、事前に「分からないので3倍かかります」とはやっぱりいいづらいよね。。。)


Oの案件リーダーは、その事情を鑑みて、
私の希望通り作業を減らしてくれたのですが、
案件リーダーは内心不満があったらしく、チームリーダーにKの作業を減らすよう相談した、と。

で、案件リーダーはなんでそんな時間かけてんのー?!ってなった、と。

私としては、やりますと言ってキューに入ったタスクは、きちんと終わらせないといけない。
新しいタスクが入ってくるなら、もともとのタスクより作業順が低いか、Kの納期を調整するか、しかない。

わたしが悪かったことは二つ。

まず、作業工数の認識相違について、チームリーダーとちゃんと話さなかったこと。

それから、チーム全体の状況から、Oが優先だと分かっていたのに、何もしようとしなかったこと。

作業工数の認識相違について、なんで言えなかったのか、、、
「できない」って言ったら、「困るやつ」って思われるかと怖くて、言えなかった。
客観的にどうなのか、もっと周囲に相談していれば、堂々とリーダーに言えたんだろうな。


チーム全体の状況に何かをする気にならなかったのは、、、
チームの為になにかしようと思ってなかったから。

本気でなんとかしたいなら、チーム内の案件全体の状況を把握して、最優先は何か考えようとする。
そこに、既に手が負えない状況があるのを感じるから、見て見ぬふりをしたんだ。

まともに取り組んだら、たまに帰れないじゃ済まない、とか、
取り組もうとアピールしても、相手にしてもらえないだろうと諦めてるから、かな。

ただ、蓋を開けてみれば既に山ほど残業してるし、意味のない不安なような気がする。だってリーダーになりたいんだから、リーダーの考えに近づかなきゃ、前に進まないでしょ。


作業予定についての周囲との認識合わせ、チーム全体の状況把握。

反省点はどっかで聞いた覚えあるな( ̄^ ̄)ゞ


ポイントは、明日から行動をどう変えるか。

チーム全体の観点で、日報の翌日のタスクに作業の優先順位をつけよう。

工数も書いて、提出前に認識合わせしよう。

明日は笑顔で帰れますように。
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。