2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
ケセラセラ
今日は学校終わったら森之宮に直行。

直行便、160円でございます。
なのに間違えて190円払ってしまった金欠のおばかさん(
30円!!!30円あれば旨い棒が3本も買えるのに一日3食揃うのに!(どんだけ極貧

気づいたのは改札出たあともとの木阿弥。
どんまい自分。
30円・・・ウワーン゚(;´◇`)゚・゚



そんなどうでもいいマヌケ話はさておいて。

駐輪場で、ピアノのロングトーンをしました。
周りの音であんまり自分の音がゆれてるのが気にならない。
それダメな傾向じゃん・・・;
腹筋を酷使するこの練習で気がついたんだけど、腹筋筋肉痛になってた
昨日力が入らなかったはずだよ。
バドミントンで腹筋も使い果たしてたらしい。
まぁ普段よく使ってる部分だから他のとこより回復早いようで、今日吹く分にはちょっと痛い程度でした。


タンギングとスラー、ロングトーンを含んだスケールの練習をしてましたらば。
いつかのトロンボーン吹きさんがいらっしゃいました。
なんたる偶然!森之宮に行くのはかなり久々だし、お互いいつもいるわけではないので、なかなかな縁でございます。

スケールの中で、上のEsの音で苦しそうに吹いていたのを聞きとがめはったのをきっかけに、
アンブシュアの再確認とかいろいろ伝授していただきました。

あごを引いてのどを開く。
ベルの角度は自分の一番楽にふける角度をしっかり覚えておく。
アンブシュア。
なるべくマッピの中に唇を入れる。
下唇は下の歯を包むように口のなかに折りこむ。
マッピを当てる位置は、下は歯茎の位置。上は鼻よりやや下。
あごを引いたときに、マッピの上のリムと鼻の下に肉を一枚挟む感じ。
舌は下唇に添えて、バズィングのときには一緒に振動させる。
舌の奥は上の奥歯に当て、息の通り道をつくる。
高い音を出すときは、耳の後ろから下に落とすように息をいれる。
音を上げる時はあくまで下唇と舌を使い、あごは絶対に前に出さない。
唇の形がしっかりしていれば口周りに力が必要なくなり、適切な速さの息を吹き込むだけで、高い音はきれいに楽に鳴る。
中低音。アンブシュアは変えず、あごを下に落として、口の中の空洞を大きくする。
下っ腹に力を入れて息と音をしっかり支える。
音を出す前に出す音のイメージからアンブシュア、息の速さは作っておく。

なんだかいっぱい言われた中で、基本についてはこんな感じ。
覚えておいてしっかり復習して、身に付けないと・・・!
アンブシュアの定着にはやっぱりロングトーンが大切。
曲の中で無意識に出来ないと、意味がないものね。
全ての音を中音から半音ずつ上げていく容量で練習しましょう。
イエース。

ホントにありがたいです。
こんな下手糞になんでこんな丁寧に指導してくれるのか。
行きずりの名前も知らないぺーぺーの女子高生だよ!?
際立った才能とかもないし。
お名前はうちむらさんというそうです。
うちむらさん、うちむらさん。
足りない脳みそにしっかりお名前きざんどこ。
プロのテナートロンボーン奏者。
ダブルハイベーを軽々鳴らさはった時には各の違いを感じました。まる。(作文

耳もものすごい。
KCSSのメジャー客演さん、ジェームス氏は奈良のアマ(だっけ?プロだったような気もする)トップトランペッター様です。
その偉大なお方によく似た巨大な人が、トランペットによく似た楽器をちょこんと背負って目の前を歩いているではありませんか。
目を疑いました。
まさか大阪にいらっしゃるとは思わない。
その時は気のせいだろうと思っていたのですが、
道路はさんだ向こうの公園で、ものすごいトランペットの音がする。
聞き覚えのあるメロディー、吹き方。
まさか。いや、そんなはずは。
ジェームスさんは先月の定演でスタートレックのテーマのソロを吹かはりました。
その生録音、あたしのケータイにバッチシ入ってたので、うちむらさんに事情を話して聞いてもらいました。
道路向こうの公園の奏者は、本当にジェームス氏であるのか!?
うちむらさんの判定は、同じ奏者、つまり、公園の奏者はジェームス氏であろうと。
失礼ながらやっぱり半信半疑で、帰りの電車でパンチョさんにジェームスさんがこんなところに来ることはあるのかとメールで聞いてみました。
返答:「よく森之宮で吹かはるって聞いてるよ。それは間違いなくジェームスさんやね」
ままままじすか(⊃д<;)
すげぇ!!!!!!!!!!
こんなところに希代のトランペッター・ジェームス氏がいるのにも驚きですが、
録音で奏者を聞き分けるうちむらさんもすごすぎる。
ついでにそんな人に楽器の演奏を教えて貰えるっていう本当に奇妙なめぐり合わせがあたしに舞い込んできてるこの状況も不思議すぎる。
ちょ、恵まれてるあたし!!!
これは・・・頑張らねば。


4時半から始めた個人練は5時半から7時半まで個人レッスンとなり、終わったのは9時。
大阪、今日は特に寒い日だった。
説明を聞く時間は寒かった。
でもこの4時間強の練習はすごい濃密で、かなり伸びれた感がある。
あさっての本番に活かせるかどうかはあたしの才能と努力次第。

明日はパー練(ボントロ軍団はないので個人練)と合奏が待ってます。
もういっちょ頑張ってきます。


それにしても寒いな。寒いのやだよー(´ω`;)
スポンサーサイト


 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。